医師

辛いアレルギー性鼻炎の症状は病院で治療|早期改善で鼻すっきり

耳や鼻を治す病院を探そう

医者と患者

耳鼻科を新宿で選ぶにあたっては、自分が治したい病気を得意分野としていること、医師、治療法と自分の相性がよいこと、を重視しましょう。また、かかりつけの耳鼻科をあらかじめ決めておく、予約制を採用している耳鼻科にする、といった工夫で、病気にかかってもスムーズに便利に治療することができます。

よりよく音を聞くために

耳

補聴器は、音を拾って聞こえるようにしてくれるだけではなく、音の大きさもしっかりと制御してくれ、それぞれに合った音の大きさに調節してくれる役割を果たしてくれるのです。ただ、高価なためきちんと耳鼻科を受診して、自身の聞こえの原因を調べてから購入するようにしましょう。

耳鼻科を探しておこう

病棟

新宿を訪れる機会の多い人は、新宿で耳鼻咽喉科を探しておきましょう。風邪や花粉症の症状がひどい時など、立ち寄りやすくて便利だからです。いざという時に役立ちます。比較的、予約の要らない病院でもあることから安心です。

早めの治療と予防が大切

女の人

風邪でもないのに、鼻水やくしゃみ、鼻詰まりといった症状が出続ける鼻の病気を「アレルギー性鼻炎」と言います。鼻の症状の他に、頭痛や目のかゆみ、集中力の低下、倦怠感といった症状が現れることもあります。アレルギー性鼻炎は「通年性」と「季節性」の2つのタイプに分けられます。通年性とはハウスダストやペットの毛などがアレルゲンとなり、特に季節に関係なく発症する慢性の鼻炎です。そして季節性とは花粉や急激な気温差など、一定の時期に発症しやすいアレルギー性鼻炎のことを言います。通年性・季節性どちらのアレルギー性鼻炎の場合も、過度のストレスや疲労などで免疫力が低下していると、鼻に現れる症状が重症化する傾向にあります。症状が頻繁に現れ日常生活に支障をきたす場合には、耳鼻科での検査・治療を行いましょう。

アレルギー性鼻炎の治療は、薬物療法と減感療法が基本となります。薬物療法では、遊離抑制薬や抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエンといった薬の使用が一般的です。減感療法とは、アレルギーを発症させる「抗原」を、皮下に繰り返し注射しアレルギー反応を起こしにくくする治療法です。治療は、まずはアレルギー反応が殆ど出ないほど、濃度を薄めた抗原を「少量」のみ皮下に注射します。徐々にその量を増やしていき、約3年ほど治療を続ければ、アレルギー反応が殆ど現れないようになるとされています。最後にアレルギー性鼻炎を予防するには、アレルギーを引き起こしている自身の「アレルゲン」を知る必要があります。個々のアレルゲンは、耳鼻科での「血中lgE抗体検査」で明確にすることができます。